学校法人への国有地売却から次々に問題が発覚

国会で野党の追及で発覚した学校法人への国有地売却における問題、その土地にごみが埋設されているからと評価額からごみ撤去費を差し引き、破格な価格で譲渡した件が、次々と大きな問題が取り上げられ、追及をされている。
国民の財産を何かの力で変わるなんて問題外のこと、とことん追及してほしいものだ。
そんななか、総理大臣夫人が登壇し、講演をする映像まで入手し、放送する事態まで起きている。
2回も講演すれば、いくらかの謝礼も受けているだろうが、総理大臣は受けていないと弁明をしている。
また、この学校法人の教育方針についても、好ましくない状況で、政治問題まで運動会の宣誓をさせ、教育勅語までも覚えさせるという戦前の悪しき教育方法を進めている。
さらに、大阪府が認可する小学校設立にさえ問題がありそうな雰囲気である。
よりよい教育をすることはベストな方法はなく、国が示す指針に従い、右にも左にも偏らない方向で進める必要がある。
しかし、このような学校法人で育った子供が今後どのように育つか心配になる。http://www.ropro.co/tudo-barai/