朝ごはんを食べると私の身に必ず起こること

朝ご飯を食べることをあまりしない私です。 世間では朝食を食べると健康になるとか変な話が流布していますが
私にとっては朝ご飯は不健康のもとのようなものです。

なぜかというと私は朝ご飯を食べるとおなかをほぼ必ずと言っていいほど壊します。
温かいものだろうと冷たいものだろうと関係なくやってしまいます。量が少ないとまだましというくらいで
通常量だとまあ、ひどいです。 トイレのない時におなかが痛くなると本当に困ったことになります。
ですので、食べないという選択しをここ何年かしていますが、食べない日は体にいい感じで動けていますね。

その他にも、胃もたれも若干起こるような感じで胃の調子もがっつり下がります。
半日くらい胃が悪いためにパフォーマンスが下がる感じです。

だから、朝ご飯を食べると私の場合かえって健康を害するわけなのです。
誰なんでしょうか?最初に朝食が健康にいいとかふざけたことを言った人は?と個人的に思っています。