危惧を放り出す職場。先への危険を譲り渡す職場。

断捨離、ときめき片づけ、ガラクタクリアリングは、過去と片をつけて、行く末を見守る職場。
今回という日数で、過去と片を付けることだと言う。指示の内容は全て同じだ。
過去と片を附ける、かあ。働いてたところの事実。失業だったところの事実。派遣だったところの事実。
どれも捨てられなくて、困ってる。
けれどもこいつも何とも捨てたお客様なんだけどね。
働いてたところの過去は、既に家具と衣服他残っていない。
失業だったところの過去は、総合低い衣服だったので捨てた。
派遣だったところの過去は、今しがた、片付けた。
塵がいっぱいです。何故これ程よけいな配達ばっかりしてたのだろう。
けれども昨今、集積も920万円あるし、特にいいか。
ムダなものを洗い浚い捨てても、やっていけるハズ。
も、先々が不安なんだよなあ。
行く末が不安で貯金して仕舞うという感情、聞こえる気がする。
も、その見通しを手放さないことには、ルームは片付かないし、行く末も開けないと想う。
ですから、綺麗にするんだ。ルームを。